MENU

銀行のカードローンについて

手軽な銀行カードローンはたくさんに人に利用されています。
他の銀行のローンと比較した場合、システムが少し異なっていることがわかります。
そのシステムに関しては、皆さんご存知のように、消費者金融のキャッシングサービスとよく似通っています。

 

銀行のカードローンのシステムについて

 

一般的な銀行のローンといえば、住宅ローンやマイカーローンなど、融資金の使用用途に指定があるローンが思い浮かぶことでしょう。
こうしたローンは、契約完了後、融資総額が一括で振込まれます。これによって融資金を受け取るのが普通のシステムです。

 

一方、カードローンのシステムは違います。
カードローンでは、振込依頼をした場合を除き、自分の口座にお金が振り込まれることはありません。
審査に通過し、契約完了後は利用限度額が決定されることになります。
次にローンカードが発行されます。
このカードによって、最寄りのATMから金額を指定して融資金を引き出すのです。
利用限度額の範囲内であれば何度でも借入はできます。
借入総額が限度額いっぱいになると一旦借入ができなくなりますが、次の返済をすると限度額が復活して借入ができるようになります。
このシステムは一見便利に見えますが、借入を繰り返し完済できにくくなる傾向が強いです。

 

銀行のカードローンを比較

 

銀行のカードローンは、低金利で高利用限度額のローンが特徴です。
では、具体的にカードローンの金利と利用限度額をみてみましょう。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円

 

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

近年はネット銀行のカードローンが増加し、人気となっています。
これらの銀行ではローンカードを発行せず、全ての取引をネット上で行っている銀行もあります。そうした銀行の融資金を現金化したい場合は、一度他の銀行に振込を行う必要があります。