MENU

銀行のカードローンの審査について

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングと比較すると、金利が安く、高額の融資が可能となっているので人気があります。
しかし、審査に関しては時間掛かり、通過が難しい傾向にあることが難点でもあります。

 

ではここでカードローンの審査の内容について簡単にあげておきましょう。

 

銀行のカードローンの審査について

 

その審査の主な項目としては以下の二つがあげられます。

 

1.現在の収入について
2.今までの借入履歴について
です。

 

【1.現在の収入について】
こちらの審査では、収入の金額も大事ではありますが、その安定性も非常に重要な要素となっています。
従って、多少年収が低くても公務員などの安定した職業についていれば、審査の通過も十分あり得るということです。
反対に、年収がどんなに高くても職の安定性が期待できなければ、審査に通過できないということもあり得るのです。

 

【2.今までの借入履歴について】

 

こちらの審査においては、他の会社のローンも審査の対象になります。
さらに、現在の借入履歴だけでなく、過去の履歴も確認されます。
これらの借入履歴の照会のために確認されるのが「信用情報」です。

 

「信用情報」とは……
「クレジットカードやキャッシングローンなどの利用記録のこと」
です。

 

信用情報の内容としては、以下のようなものになります。

 

(本人を特定するための情報)
・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・勤務先名
・勤務先電話番号

 

(ローンの契約内容に関する情報)
・会社名
・契約の商品名
・契約日
・利用金額等
・返済状況に関する情報
・入金日
・入金予定日
・残高
・完済日
・延滞の有無

 

(取引事実に関する情報)
・債務整理
・代位弁済
・強制解約

 

これらの信用情報は、信用情報機関という機関において保存・管理されています。
ちなみに、日本には3つの信用情報機関があるといわれています。
国内の金融機関はいずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。(加盟していない金融機関は違法な悪徳金融です。)
信用情報において、金銭トラブルが発覚すれば審査には通過しないと考えておきましょう。
加えて、現在の借入金があまりにも多い場合も審査にはいい影響を与えません。ですから、ローンを完済してから新たなローンの申込をした方がよいでしょう。