MENU

消費者金融のキャッシングサービスVS銀行のカードローン

お金を借りたい、そんな時にお金の借入ができるサービスは便利です。
その代表的なものが、消費者金融のキャッシングサービスや銀行のカードローンです。
双方を比べるとそれぞれ、特徴となるメリットとデメリットを持っています。
これらを踏まえた上で、上手にお金を借りましょう。

 

消費者金融のキャッシングサービスの特徴とは?

 

【メリット】
消費者金融のキャッシングサービスのメリット:迅速なサービスが受けられる

 

消費者金融のキャッシングサービスといえば、なんでも速いことが最大のメリットです。
ちなみに、審査の最短時間は30分といわれているから驚きです。
ですから、申し込んだその日に融資を受けることができる即日融資も十分可能であるというわけです。
どうしてもお金が必要な時には、少しでも早く現金を用意したいところです。
そんな時、必ず役に立つのが消費者金融です。

 

【デメリット】
消費者金融のキャッシングサービスのデメリット:金利が高めである

 

消費者金融では早期返済を想定しています。
さらに、消費者金融には資本がないため、どうしても高めの金利設定になってしまっています。
ということは、消費者金融のキャッシングローンは多額の借金を長期に渡って借りることに関しては向いていないということがいえます。

 

銀行のカードローンの特徴とは?

 

【メリット】
銀行のカードローンのメリット:低金利で多額の借入ができる

 

銀行のカードローンは銀行のローンの一つですので、当然銀行の低金利での借入が可能になっています。
また、2006年から総量規制という法律が開始されました。
これにより、消費者金融では多額の借金をすることができなくなってしまいました。
ところが、銀行のローンはその全てが対象外になります。
もちろん、カードローンの例外ではなく総量規制の対象外となっているため、多額の借入も可能なのです。

 

【デメリット】
銀行のカードローンのデメリット:審査に時間が掛かり、通過が難しい

 

上記でも述べましたが、銀行のローンは低金利であることがメリットではありますが、しかしその分、審査も慎重になります。
ですから、審査には当然時間が掛かるため、今すぐにお金の工面が必要な時の借入には不向きです。
加えて、通過のハードルも高めになっていることも頭においておきましょう。