MENU

銀行のローンは審査に時間が掛かる?

銀行のローンにはいろいろな種類があります。
例えば、住宅ローンなどの大型ローンの場合、何千万単位での大金が動きます。
ですから、そう簡単に融資の審査はできません。
審査にはかなりの時間を要し、その通過も容易ではないことが察しが付くでしょう。

 

銀行ローンの審査期間について

 

一般に、銀行のローンは金利が安く、高額の融資が可能であるため、多くの人からの利用があります。
しかし、誰でも簡単に利用できるわけではなく、高額の融資が必要であればあるほど、審査には時間が掛かり、そして通過も難しくなってきます。
銀行ローンにおける審査だけの日数なら早くて2〜3日で、遅くとも10日くらいであるといわれています。
これはカードローンなどのそれほど融資金額の大きいものでないローンに関してです。
住宅ローンやマイカーローンなどの多額の融資を必要とするローンに関しては1ヶ月程度となっていて、多くの時間を要します。

 

銀行の融資を早く受けるには?!

 

銀行融資おいて、申込が終わってから実行されるまでの期間がどれくらいかかるのかは、大きなポイントです。
融資が早く行われるということは、それだけ銀行にとって融資しやすい案件なのだということになります。
つまり、融資しやすい案件を申し込めば、早く融資を受けることができるのです。

 

銀行が融資をしやすい案件なのかどうかを判断するためのポイントは、以下のような項目となります。
その1.融資申込の経緯
その2.信用状態(財務状態や定性的なもの)
その3.資金の使い道(運転資金・設備資金・投融資等)
です。
上記の内容において、何か怪しい点や引っかかる点があると、それだけ審査に時間が掛かり、融資を受けられる可能性も低くくなってきます。

 

「個人の属性」って何?

 

また、銀行ローンの審査で重要なのが「個人の属性」です。
この場合の「属性」とは
「申込人の社会的地位や職業、年収など」
のことを示します。
中でも年収は大事な項目の一つです。
その金額ももちろん重要ですが、安定性も非常に重要視されます。
もちろん、年収はたくさんあった方がよいでしょう。
しかし、ローンを返済していくには、収入が安定していることは大事です。
ですから、多少年収が少なくても返済負担率がクリアできていれば審査の通過は十分あり得ます。